FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

ホットワックスに挑む

この間のスノーボード用品販売会で勢いで買ってしまいました。

DSCN0775.jpg

スノーボードのホットワックスセット。

ホットワックスすると簡易ワックスよりもちがよいらしいので、
興味はあったのですが、いかんせん機会が…

購入したので、さっそく試しにやってみました。

作業の前に入念にネットでやり方をチェックしました。
以下、作業は基本的にネットで調べた方法・販売会会場で教えてもらったこと
を組み合わせた形となります。

※撮影の都合上、板・施工者が入れ替わっております(笑)
DSCN0777.jpg

1.ボードを置く台を設置します。

専用のスタンドがあるらしいですが、1万円と高額のため、

ビニールシートとダ●ソーのCDケースと滑り止めで自作の台を作成しました。

お値段何と!!400円w

これで十分でした。

2.アイロンに電源を入れ、ワックスを溶かす

アイロンの温度は100度前後を軸に適宜調整してください。

ネットだと板にぽつぽつ垂らす感覚でやると書いてあるのですが、
これだとワックスがもったいないので
アイロンで溶かして柔らかくしたワックスを板にすりつけて塗って伸ばしていきます。
なお、ホットワックスのときにはビンディングのねじは緩めるか、外してしまいましょう。
個人的には外してしまったほうが楽だと思いますが、スタンス等を忘れちゃいそうなので
緩めて施工していますw

ビビりなので、生塗りで伸ばした後に多少ワックスを板に垂らします。
ノーズ側は比較的多めに、テール側は比較的少なめでOKです。
(ワクシングペーパーを使用するので)

3.アイロンがけ。

ワクシングペーパーを板とアイロンの間に挟んで、先ほど塗ったワックスを伸ばしていきます。

ワクシングペーパーを使うことで焼きつきとワックスを均等に伸ばせます。
汚れがある場合にはペーパーが汚れを吸い取ってくれます。

コツはとにかく止めないこと。
ワックスがじわーっと溶けていくくらいのスピードで動かしてください。
全体的に伸ばし終わったら、30分くらい放置してワックスをしみこませます。

4.スクレーピングとブラッシング

DSCN0779.jpg
DSCN0778.jpg

スクレーパーでスクレーピングを行います。
方向は常に一定。(ノーズ→テール)
ワックスの削りかすが出なくなるまで頑張ってくださいwwww

スクレーピングが終わったらブラッシングして、
最後にフィニッシュマットをかけて完成です。

簡易ワックスに比べて板がつやつやしています。
効果はいかに…?
今後のエントリで明らかにしますw
スポンサーサイト
17 : 52 : 40 | スノーボード | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ハンターマウンテンに行ってきた(その2) | ホーム | 品達でラーメン>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://legnumb25st.blog27.fc2.com/tb.php/355-b4ff1634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

栃男@秋季キャンプ中

Author:栃男@秋季キャンプ中
横浜から発信!

自動車ネタと日常ネタが中心のグダグダBlog
不定期更新ですが、よろしくお願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。